お知らせ

2019-04-22 17:44:00
08C6C381-CACE-4E45-BA53-13571A920610.jpeg

アジアンタイフーンの近くの極楽湯弥生店ではもう桜が咲いています。あそこの桜は日当たりも良く、温泉の効果なのか?毎年開花が早いですね。

 

さて、ゴールデンウィークがまもなく始まります。

アジアンタイフーンは通常営業の予定ですので、ぜひ至福のリラックスタイムを過ごしにおいでください。

※急遽お休みや早めに閉店するような場合はホームページにてご案内させていただきます。

 

連休最終日の5月6日はやはり人気が高く、空きがわずかとなっていますのでお問い合わせはお早めに。

皆さんにとって楽しいゴールデンウィークになりますように。

 

 

 

2019-04-16 15:51:00
3CDA8D0D-C298-4949-96F8-C3A462E6307C.jpeg

札幌もいよいよ暖かい日が続くようになって今シーズン初のゴルフに行ってきたという方も多いかもしれませんね。

タイ古式マッサージはゴルフをする方にとても人気があって、これからの季節は「ゴルフ」→「タイ古式マッサージ」→「ゴルフのお仲間とまた合流して夕食」という流れのお客様が増えてきます。
ゴルフで左右どちらかがガチガチになってしまった身体に、タイ古式のストレッチがものすごく気持ちいいようです。
また、朝早起きしてゴルフに行かれているので全身じっくりメンテナンスしている間に気持ち良く睡眠をとって、夜の会食にまた元気に出かけることができるというのも良いそうです。

身体をほぐした後は味覚も冴えるし胃腸もしっかり働くようになっているので、夜ごはんもお酒もとってもおいしいですよ!
翌日の身体の調子もかなり違います。

ぜひ楽しいゴルフシーズンにタイ古式マッサージをお役立てください。



2019-04-02 21:54:00



突然ですがキャンペーンのお知らせです。

この人のピアノコンサートのチケットが取れたら1週間、アジアンタイフーンをご利用になる皆さまに10分延長サービスをしよう!とひそかに決めていましたところ・・・
実現いたしましたので、4月9日(火)までキャンペーン期間となります♪
嬉しい気持ちを発散しないと町内を駆け回ってしまいそうです。
ぜひ幸運のおすそ分けを受け取りにおいでください。

 

【60分以上のコースをご利用の方 10分延長サービス】
※ご予約状況によりできない場合もございますのでお早めにお問い合わせください。

2019-03-12 19:49:00

タイ古式マッサージレッスンのメニューを追加しました。

①手の平で行う簡単タイ古式マッサージレッスン60分
②足がだるい人に行うタイ古式マッサージレッスン60分(※①を受講された方が対象)
③癒しのヘッドマッサージレッスン45分

がございます。
詳しくはこちらのページをご覧になってください。→簡単タイ古式レッスン

どのメニューもとても簡単で、皆さん持参した筆記用具をほとんど使わずに覚えていかれますのでぜひお気軽にご参加ください。

2019-02-25 21:01:00
EBEE92BE-D3E7-474B-AFD5-B1038730A26B.jpeg

先日アジアンタイフーンの近くの道立近代美術館で開催中の『深井克美展』に行ってきました。
知らない画家だったし暗くて不気味な絵なのに、ネットで展示情報を見たときに心惹かれる感じがしました。

臓器みたいなものがあらぬところに付いている人とか、口の中にガラスが詰まっている人とか、ボロボロの肉の塊みたいなふたりが抱きしめ合っている絵など・・・
グロテスクなものが多いのになぜか綺麗と感じるこの人の絵は、全ての作品がそうなのかはわかりませんが、まず美しいものを描いてから上に描き足していって醜いものに仕上げた様子がうかがえました。
隠された美がちらっと見えている部分があったり、見えなくても存在感が奥からこぼれ出ているために「綺麗」と感じさせるのかもしれません。


わりと明るめな絵がひとつあったのですが、醜悪な作品になるのを恐れた友人が、作者が描き足す前にこっそり持ち帰ってきたものだそうです(笑)
このことがあったおかげで描き足す前の美しさを知ることができるのはありがたいことです。
そしてその段階でストップした作品を見たことで、どうしてこの人が美しい絵を醜い絵で隠すのかがわかった気がしました。

この画家はもう亡くなっていて、没後40年記念の展覧会なのですが、もしこれが去年だったらわたしはこの人の絵はただの不気味な絵だと思って見に行かなかった気がします。今の自分だから琴線に触れたのだと思います。

作品もですが展示の仕方が素晴らしく、絶妙なところにご本人が書いた文や手紙、仲間の方たちからの言葉などが置かれていてナビゲートしてくれている感じがしました。

気になった方はぜひ道立近代美術館へ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...