お知らせ コラム

2019-02-01 16:16:00

2月がスタートしましたね。
今シーズンこのアジアンタイフーンのあたりは雪が少なく、その分2月から3月にかけてどれだけ巻き返してくるのか恐ろしいところです。
でも日が長くなってきているので自然と気持ちも明るくなりますね。

さて、これから春に向けて多くなってくるのがぎっくり腰です。
これに関しては未経験のわたしよりもお客さまの方がプロですので色々教えていただいてますが、季節の変わり目(特に春と秋)になるという方が多いです。
それからぎっくり腰のスペシャリストになると腰の雰囲気から「ぎっくり腰になりそうな状態だ」とわかるという方も多く、先手を打って身体のメンテナンスにいらっしゃったりします。
また、重いものを持ち上げたりしたときよりも気を抜いて何気ない動作をしたときに激痛がきたというのもよく聞きますね。

ここからは以前なにかで見聞きしたことなのですが、重いものを持ち上げたり立ち上がったりするときに出る「よいしょ」とか「よっ」とかいう掛け声は、これから動くということを脳にしっかりわからせることでそのあとの動きをスムーズにする効果があるそうです。
だから大変な動作をするときではなくても、なにかするときにちょっと掛け声を出すことはぎっくり腰の予防にもなるとのことです。

「よいしょ」は無意識に出たら恥ずかしいイメージがありますが、身体を守ってくれるすごい言葉なんですね。
積極的に使っていきましょう。

ぎっくり腰リピーターが少しでも減ることをお祈りしています。