お知らせ コラム

2017-06-25 14:16:00

これからの季節、外での楽しみがたくさんで活動的になりますね。

それとともにだんだん増えてくるのが、胸や背中の重だるさや、のぼせた感じにお悩みのお客様です。

 

これには、夏が心臓の働きが活発になる季節であることが関わっていると思います。

 

心臓から血液(栄養、水分、熱)がいつもより勢いよく、どんどん送り出されてくるということですから

そのアクティブな心臓にふさわしい過ごし方をしないと、逆に心臓への負担がとても大きくなってしまう時期でもあるのです。

 

 今日はその辺のことについて考えてみようと思います。

 

 

一番ダメなのはやっぱりクーラーの効いたところにこもってばかりいることかなと思います。

動かないから栄養も使わないし、汗をかかないから熱がこもるし、水分もたまって身体が冷えます。

そうしている間にも心臓からは栄養、熱、水分がどんどん送り出されてくるわけですから、色々なものの行き場が無くなって身体がおかしくなるのも無理はないですね。

 

 

熱がこもるのと身体が冷えるのが同時に起こるという不思議な状態についてですが

 

暖かい空気が上にのぼるのと同じで、身体にこもった熱は胸より上にたまりやすいです。

水分は、これまでの記事でも何度も書きましたが重いので下の方にたまっていきます。

それでこの時期のぼせる人が多くなるんですね。

 (急に顔だけ汗をかいたりするなら、それはたまりにたまってどうしようもなくなった熱を発散させるための身体の応急処置だと思います。)

 

やっぱり夏は外で身体を動かして汗をかくのがふさわしい過ごし方なんですね。

 

ところがこれにも注意が必要で・・・

暑いところで動きすぎるとただでさえアクティブになっている心臓をさらに働かせて負担をかけてしまいます。

汗をかきすぎたり水分をちゃんと摂らないと血がドロドロになってやはり心臓に負担がかかります。

 

さじ加減を間違えるととにかく心臓にダメージがきやすい季節なのだということを忘れずにいた方が良さそうです。

 

 

心臓のあたりに疲労がたまると、最初の方に書いたように胸や背中の重だるさが表れてきます。

呼吸は気が付かないうちに浅くなりますし、ひどくなると動悸がしてくることもあるので、長く放っておくと深刻な病気につながると思います。

 

 

夏の過ごし方、ぜひ気を付けてみてくださいね。

緊張しすぎたりイライラしたりも心臓を酷使することになるので夏は余計なことを気にするのはやめましょう。

 

 

すでに胸や背中がだるい感じがする方には

岩盤のようになった背中の深いところにも届く指圧、アジアンタイフーンのペインセラピーがおすすめです☆

ストレッチも受けられるので身体の熱の消費もばっちりです。

 

 

2017-06-19 15:28:00

最近、読書が進みます。

読書の秋も良いですが、札幌の今くらいの気候もちょうど良くて集中して読める気がします。

 

そういうわけでここに載せる記事も全然考えていませんでしたので

今日は最近読んだ本の中から、心のケアにつながる内容をご紹介しようと思います。

 

 

人は生まれたばかりのときは五感だけで世界を感じ取って、次に快とか不快などの感情を持つようになり、そしてその次に何をしたらどうなるのかの判断が下せるようになる。つまり「感覚」→「感情」→「思考」の順で心が育っていく。

 

みたいなことが書いてある本を読みました。

 

その本によると

悩んでいる人は「感情」と「思考」にかなり心を費やしているそうです。

 

だから、あれこれ感じたり考えたりする前の段階である「感覚」を意識する時間を増やして、「感情」と「思考」に使う時間を減らすことは心を癒すことにつながるとのことでした。

 

 

確かに

小さな頃は手で砂場の砂を掘ったり、お風呂のお湯で遊んだり、水たまりに足を突っ込んだり、棒で何かをつついたり、毎日身体中で色々なものを感じていたと思います。

 

そして知恵や知識がついてくるにしたがって、起こったことについてあれこれ思ったり、時間がたってからも何度も思い出して感情をぶり返したりする時間が多くなりますね。

 

その本はマッサージとは関係のない内容のものでしたが、

マッサージを受けて身体だけでなく心も癒される理由が、これでなんとなくわかる気がしませんか?

 

 

施術を受けていると

指で押される感触に自然と意識が向いていきますし、さらに自分の呼吸の出入り、マットに預けている自分の身体の重みなども感じるようになって頭が空っぽになり、「感情」や「思考」から離れた時間を過ごせるのです。

起きているか寝ているかわからない状態になる方もいます。(これは脳がすごくリラックスできている状態だそうです。)

そして施術後に

「なんか・・・すごく幸せです」などおっしゃる方々もいますので

確かに心の癒しになっているのだと思います。

 

 

これは自分の意識の使い方次第で自分の心を癒すことができるということですよね。

五感に意識を向ける方法は色々ありますので、ぜひご自分に合ったやり方でそういう時間を過ごすようにしてみてください。

 

 

そうは言っても、日常の中ではテレビやスマホなど誘惑が多いので、自力で静かな時間を過ごせない方はマッサージを予約して

ある意味強制的に、暗く静かで余計な物のない空間で過ごすのはおすすめです。

 

 

 

さて

これからやってくる裸足の季節に人気のメニューは足裏の角質除去です。

足裏を優しくゴシゴシされる刺激はもちろん心地よく、何より終わった後に裸足で床を歩いてみたときの感触はとても新鮮で

かなり「感覚」に心が向かうと思います♪

体験してみてくださいね。

 

今回ご紹介した本のタイトルも気になる方はぜひお申し出ください。

2017-06-12 20:05:00

攣りやすいお客様の身体の特徴

①攣るあたりがものすごくこり固まっていたり、異常に筋張っている。

②攣るあたりのむくみがひどい。

までお伝えしてきました。

(2017/6/3の記事→過激な自然治癒力)

(2017/6/6の記事→過激な自然治癒力②)

 

今回は

③骨折歴や手術歴がある。

です。

 

骨折歴、手術の経験がない方にも思い当たる部分があるかもしれないのでぜひ読んでみてください。

 

 

攣りやすいお客様の中に

ヘルニアで腰の手術をした方、両膝の手術をした方、全身あちこち骨折経験のある方、足に古傷がある方などがいらっしゃって

特に手術歴のある方からは

「手術でお腹を切ってから身体が凝りやすい。」

「腰の手術をしてから脚がむくむ。」

「手の指の手術をしてから力が入りにくくて箸が持ちずらい。」

等のお話を聞きます。

 

 

 

大きなケガや手術だと傷が治っても身体は完全に以前と同じには戻らず

筋がねじれて突っ張ったり、関節の可動域が変わることがあります。

その状態で身体を使うことになるので通常よりも負担のかかる筋や、うまく流れない部分ができてきます。

そこからは①や②と同じですね。

 

固くなったり冷えやすい部分をご自身で把握して①と②どちらのタイプなのか見極め、上手に付き合っていくことをおすすめします。

 

 

ところで、先ほど“骨折や手術などの経験がない方にも思い当たる部分があるかも”と書きましたが、それは「ねじれ」です。

 

身体の使い方の癖によって、筋のねじれを自分で作ってしまうことが誰にでもあるからです。

 

例えば内股やがに股、顔をどちらかに向ける癖、脚を組む癖、体重を足の一部分(指の付け根やかかとなど)に集中させる癖などです。

どこかが不自然にねじれた状態で動いたり長時間過ごしたりすると、必ず激しく消耗する筋や、流れが悪い部分が出てきます。

つまり正しい身体の使い方をすれば疲れがたまりにくいということですね。

 

そういうわけで今回は骨折や手術歴のある方だけでなく、皆さんに関係のある内容ではなかったでしょうか。

身体に自分でねじれを生じさせていないか、ぜひ観察してみてください。

 

 

 

2017-06-06 20:50:00

身体の筋が攣ることについてのお話の続きです。

 

前回、攣りやすいお客様の身体の特徴として

①攣るあたりがものすごくこり固まっていたり、異常に筋張っている。

②攣るあたりのむくみがひどい。

③骨折歴や手術歴がある。

を挙げて、①の場合についてお伝えしました。

(2017/6/3の記事→過激な自然治癒力)

 

今回は②です。

攣るメカニズムはまだ詳しく解明されていないので、今日もわたしなりに考えていきます。

 

 

身体の中で、普段あまり動かさない部分というのが誰にでもあると思いますが、その部分が人一倍むくみやすい方がたまにいます。

 

例えば左右の脚であまり使わない方だけが明らかにむくんで太くなっていて、少し触っただけでも痛がるくらいパンパンだったりします。

 

そして、そういう部分が攣りやすいというお客様が何人もいます。

 

片足がむくんでいる方はその足がよく攣ると言いますし

全身パンパンにむくんでいる方は身体のあちこちどこでもすぐ攣るよと言います。

 

むくみがひどいと何が良くないかと言うと、冷えることです。

 

話は脇道にそれますが

わたしはカラッカラ体質なので身体がむくむことがほとんど無くて「むくんで冷える」というのがいまいちよくわかりませんでした。

でも足湯をするようになってからあることに気付いたのです。

 

わたしの場合、いつも足湯をスタートしてから10分くらいでまず右手がポカポカしてきます。

そのあと5分くらい遅れて左手が温まってくるのです。

 

この時間差は何からくるかというと、左右の腕の水分量の違いだと思います。

 

わたしは右利きなので、よく動かす右腕は水が頻繁に出入りしていてたまりにくく、

あまり動かさない左腕には右よりは水がたまりやすいということです。

水分量が多い分、温まるのに時間がかかるんだなと思いました。

 

パンパンにむくんでいる人は温めるのが本当に大変でしょう。

 

それで、話を戻しますが

冷えという言葉は気軽に使われているけれど、体温が1度低くなるだけで身体が正常に働けなくなったり病気などのリスクが高まると言うし、低体温症となると命に関わることです。

 

そうなる前に身体が自分で応急処置をするんですね。

前回の場合と同じで、筋が攣ります。

 

この場合、筋を縮ませる動きによって水分を追い出すことと、筋を傷つけて炎症を起こすことが狙いではないでしょうか。

たまりすぎた水分を追い出すことで冷えにくくし、炎症を起こせばそこに熱を持つことができるからです。

 

そしてやはり応急処置なのでその1回でチャラになるわけではなく・・・

冷えにくい身体に整える、ということを自分でやっていかなければ、攣ることを何度でも繰り返します。

 

②の場合は身体を温めることももちろん大切ですが、

水分をたくさんためたままで温めても効率が悪いので、特にその部分を意識した運動をして水分を追い出すのが第一だと思います。

そしてたまりやすい体質なので、続けることです。

アジアンタイフーンのメニューの中だとチェンマイスタイルがいいですね。

 

 

 

同じ攣りやすい人でも①と②では対策の仕方が違うのがおわかりいただけましたか?

ぜひご自身がどちらのタイプか見極めて、セルフケアにお役立てください。

 

 ③についてもまた後日お伝えします!

骨折や手術の経験がなくても、皆さんに当てはまる部分がある内容になると思います。

2017-06-03 18:48:00

寝ているときに足が攣って起きてしまうことはありませんか?

 

わたしはまだ体験したことがないのですが

お客様からはよく聞きます。

 

 

「寝る前にコップ一杯の水を飲めば予防になるらしいと聞いたけど、そうすると夜中に何度もトイレに起きることになる。」

という部分まで共通している方々がけっこういます。

 

攣っても攣らなくても結局眠れなくて気の毒すぎ・・・と思いながら聞いていますが

この現象についてはいまだに詳しく解明されていないそうです。

 

でも本当にお悩みの方が多いようなので

今日は攣ることについて(寝ているときのこむら返りに限らず)わたしなりに考えてみます。

 

原因としてよく聞くのは

運動不足、血行不良、ミネラル不足、水分不足、疲労、急な運動などです。

 

皆さんに聞いてみると攣る部分はふくらはぎの他、足裏、太もも、背中、わき腹、のど、首など色々です。

 

攣りやすいお客様の身体は

①攣るあたりがものすごくこり固まっていたり、異常に筋張っている。

②攣るあたりのむくみがひどい。

③骨折歴や手術歴がある。

というのが目立ちます。

 

まず今回は①に注目してみましょう。

 

「背中が攣る」とおっしゃる方は、車の運転が多かったりして背中が異常に張っています。

「ふくらはぎや足裏が攣る」とおっしゃる方は、立ち仕事だったり、1日1万歩歩く日課があったりします。

「首が攣る」とおっしゃる方は、いつも上半身が辛そうです。

 

攣る部分はそれぞれですが

皆さん昨日今日で固くなったところが攣っているわけではないのです。

 

以前の記事に

『コリというのは「使いすぎた部分がカラッカラに干からびてカッチカチになった状態」』(※わたしのイメージ)

と書きました。

(2017/5/6の記事→なぜタイ古式は足から始めるのか?)

 

このイメージが正しいものとして話を進めていきます。

 

「コリ」「張り」と言うとあまり深刻な感じがしませんが

「水も栄養も行き渡らず干からびた状態」だとしたら、すごく危ないことだと思いませんか?

 

一刻も早く、その部分の弾力を取り戻すための行動を起こすことをおすすめします。

 

 

ところがもし何もしないで放っておいたとしても

身体というのは自力でなんとかしようと働くものなんですね。

 

攣るのは、その応急処置なんだと思います。

 

攣ってどうなるかというと

急な激しい動きでまず筋が傷つきます。

次の日に筋肉痛みたいになるのはそのためでしょう。

 

傷ついたところには修復するために血液がたくさん集まってくることになります。

 

やり方は過激だけど、結果的には欲しかった栄養と水分を補給することができますよね。

 

激痛を伴うのは

長い時間をかけて固まってしまったところに変化をもたらすにはそれだけエネルギーが必要ということではないでしょうか。

 

攣りやすい人は、おそらく栄養や水分が足りていないと言うよりは

体内にせっかく取り入れても、吸収できないくらい筋が固まっているんだと思います。

 

寝る前にコップ1杯の水を飲むのも間違いではないと思いますが

吸収できなくて夜中にトイレに起きることになるのかもしれませんね・・・。

 

一番大切なのは固い部分の緊張を取り除いて、栄養や水分を受け入れるコンディションを整える

ということではないでしょうか。

そしてそれはがんばってずっと続けなければいけないと思います。

 

 

 

今回はここまでです。

また②③についてもそのうちお伝えします!

1